HOME >ウェルビーパーク >ようきすなお

「ようき・すなお」は守口市にあります。 ようき作業所とすなお作業所が合併され「ようき・すなお」ができました。

「ようき・すなお」は現在2か所あり、第1と第2があります。ご兄妹で施設長・副施設長をされています。

知的障害の利用者さんが通われていて年代はさまざまですが、 作業所の名前の通り「ようきですなお」でとても明るかったです。

仕事としては、阪神戦で7回の攻撃前にとばす"ジェット風船"に笛の部分を取り付け、 袋入れする内職やその他、オリジナルで"張子"を製造販売されています。

この張子は新聞紙を溶かして紙漉きの作業から始まり漉いた紙を絞り、 土台を作り、塗り・本塗り・絵付け・乾燥工程を終え、完成になるそうです。

絵付けは利用者さんがオリジナルでするので、どれも個性的で同じものはひとつとしてありません。 目の大きさや位置などで表情がかわります。

私たち支援スタッフ3人で訪問したのですが、その時に購入しようということになり、 クリップやおみくじを持った張子をたくさん見せていただき、「どれする?これがかわいい。」 「いや、こっちもかわいい」と選ぶ楽しさがありました。

法人名

特定非営利活動法人 ようきすなお会

事業所名

ようき・すなお第1

住所 〒570-0032
大阪府守口市菊水通2-14-4
電話:06-6993-5343
FAX:06-6993-5343